【ΓΕΝ】第3回トークセッション「夢とは?」<レポート>

<テーマリーダー> 河野光佑
<テーマ>「夢」とは?

<テーマ設定の理由>

幼いころから、あなたの「夢」は何ですか?という形で夢について聞かれた経験はありませんか?また、年を重ねるうちに、夢に変化が現れたり、夢が力の源になったりすることがあります。このように多くの人が関わる「夢」をテーマとして、考えることにしました。

<3人の考える夢>

<河野光佑>
最初:おぼろげだが原動力となるもの。
再定義:スタートラインの力。始まりの力。
<今西健太>
最初:夢は夢、こうなりたいとだけでよい。明確ならば頑張る理由に。
再定義:あるだけで幸せなもの。あるだけで頑張れる。
<渡邊真央>
最初:夢は目的の前段階。目標ができることで夢は目的に。
再定義:目的の前段階。幸せを生むもの。

第3回のまとめ:河野光佑

はじめに、3人での話し合いの中で、「夢」と「目的」の違いについて考えました。その中で、目指す先がより現実的で定まっている「目的」とふわふわとした「夢」という形で両者の違いを表現しました。

そこから、「夢」と「目的」の間の関係だけでなく、「夢」の前段階と「目的」をさらに具体化したもの(前後関係)について考えました。そこで「夢」の前段階として「妄想」を、「目的」を具体化したものとして「目標」があるのだとΓΕΝの中で答えが出ました。

「妄想」に行動が伴うようになったものが「夢」
「夢」の場所を定めたものが「目的」
「目的」を具体化し段階的に分けていったものが「目標」

というような定義づけをすることにしました。

「妄想」→「夢」→「目的」→「目標」

以上のように「夢」の前後関係を明らかにすることができました。

また、人によって夢の数や目的の数への定義には違いがあることもわかりました。

<河野光佑>
夢の実現が目的、夢が広範囲にわたる時には分野ごとの目的にもなりうる
<今西健太>
人生で1つの生き方ともいえる夢とそれを支える分野ごとの目的
<渡邊真央>
夢を言語化した、唯一の目的と目的の中の目標たち

人生をかけてひとつの夢を掲げて、その夢を叶えるために様々な目的を見出し、目標を達成していくことが夢の形であるという考え方。

生きている中で言語化できた夢ごとに目的が生まれ、目的と同数の夢が存在するという「夢はたくさんある」という考え方。

今回のトークセッションを経て「夢」についての定義づけができたことで、自分にとっての夢がどんなもので何なのかがはっきりするため、夢を明確にし、それぞれの目的や目標の設定へと繋げていきます。

Follow me!

関連記事

  1. 【ΓΕΝ】団体名の由来とロゴについて

  2. 【ΓΕΝ】第2回トークセッション「かっこいい大人とは?」<レポート>

  3. 【ΓΕΝ】第1回トークセッション「大学生とは?」<レポート>

  4. 【ΓΕΝ】第4回トークセッション「観光とは?」<レポート>