発酵の学校を支える講師陣

上田地域にて発酵食品を取り扱う女性のスペシャリストの方々を中心に、様々なジャンルの発酵を生業とする方々を講師としてお招きし、女子大生が知りたい「本当の発酵食品」についての学びの場を提供します。
講師には、発酵プロフェッショナルの資格を持つ原有紀校長をはじめ、地酒を取り扱う老舗蔵元で杜氏を務める岡崎美都里氏から、信州味噌の蔵元で味噌ソムリエとして活躍する市川絢子氏、また発酵食品を素材として料理を創作する研究家の王鷲美穂氏まで、幅広い分野を網羅する講師陣が揃い、充実した講座内容が可能となっています。また分野ごとに、特別授業として非常勤の講師をお招きしての講座も開催可能となっています。

信州イゲタ味噌醸造蔵元 酒の原商店

発酵プロフェッショナル

校長/講師原有紀

日本の発酵文化はすごいし面白い!「発酵」の神秘をぜひ知っていて欲しい!

発酵食品との関係

原商店に嫁いだ事をきっかけに味噌醸造の道へ入りました。それまでは、金融機関という全く別の畑で仕事をしていた私にとって、味噌って何だろう?という初歩的なことから学んでいくことになりました。
2002年に代替わりをし、本格的に醸造業も引き継ぐことになり、2005年には米麹だけで醸す「糀あまざけ」の発売をきっかけに「発酵」の神秘に取りつかれていきます。毎日、米麹や甘酒と向き合っているうちに、何で?どうして?と謎が深まるばかり。末っ子の大学入学を待って、その疑問を解くべく、日本発酵文化協会へ通い、発酵マイスターそして、発酵プロフェッショナルの資格を得ました。資格を取得する中で、今まで何で?どうして?と思っていたことが「謎はすべて解けた!」と某アニメの主人公のようにすっきりと解明されました。

発酵の学校への想いと意気込み

日本の発酵文化はすごいし面白い!
これが、私が発酵を学んで一番感じたことでした。
世界にはいろいろな発酵文化がありますが、日本の発酵文化は「麹」という発酵に特化しているのが特徴です。じゃあ、麹ってそもそもなんだろう?その前に発酵ってなに?と私が感じてきた疑問をわかりやすく説明できればと思っています。さらに、発酵食品のもたらす健康効果や摂取方法なども含め、食品微生物の世界を学生の皆さんと楽しんでいきたいと思います!

信州イゲタ味噌醸造蔵元 酒の原商店

上田市上塩尻にお店を構える創業1905年頃の老舗の商店。
醸造部門においては「純天然醸造・手造り・無添加・生味噌」がこだわりの信州イゲタ味噌をメインブランドとし、2005年からは、昔ながらの米糀と米だけで作る自然の甘さを再現した「糀あまざけ」を販売。毎日完売必至の人気商品となっています。
酒類販売部門においては、店主自らが足を運んで厳選した県内の地酒、地ワインを中心に、作り手のこだわりが伝わる魅力的な商品を取り扱う酒屋でもあり、様々な発酵食と出会える信州上田の商店です。

企業概要

【企業名】信州イゲタ味噌醸造蔵元 酒の原商店
【所在地】長野県上田市上塩尻260
【電 話】0268‐22-1941
【H P】公式ホームページ

お問い合わせはこちら

read more