発酵の学校を支える講師陣

上田地域にて発酵食品を取り扱う女性のスペシャリストの方々を中心に、様々なジャンルの発酵を生業とする方々を講師としてお招きし、女子大生が知りたい「本当の発酵食品」についての学びの場を提供します。
講師には、発酵プロフェッショナルの資格を持つ原有紀校長をはじめ、地酒を取り扱う老舗蔵元で杜氏を務める岡崎美都里氏から、信州味噌の蔵元で味噌ソムリエとして活躍する市川絢子氏、また発酵食品を素材として料理を創作する研究家の王鷲美穂氏まで、幅広い分野を網羅する講師陣が揃い、充実した講座内容が可能となっています。また分野ごとに、特別授業として非常勤の講師をお招きしての講座も開催可能となっています。

武田味噌醸造株式会社

味噌ソムリエ

講師市川絢子

お味噌や発酵食品との関わり方を知って、健康的な生き方の一つの指針にしてもらえたら。

発酵食品との関係

お味噌の工場で米や大豆を蒸す香りで目を覚まし、蒸したての大豆をおやつに過ごした幼少期でしたが、社会に出たときは醸造とは無関係の仕事に就きました。当時、介護福祉士として市内の介護施設に勤務しておりましたが、そのとき「昔は近所や親戚が集まってみんなでお味噌を作ったんだよ」という話を聞いて、衝撃を受けたのを覚えています。
昔から味噌は工場で作るものだとばかり思い込んでいたこともあり、地域に根ざした味噌づくりがどんなものか興味が沸いて夢中になり、気付けばお味噌の道に入っていました。

発酵の学校への想いと意気込み

自分の食生活が一番疎かになりがちな学生さんに、ぜひとも、身体の為に良い発酵食品の魅力を伝えることが出来ればいいなと思っています。
これから先、就職し、家庭を持ったり、子供を育てる母親になる方もいらっしゃるでしょう。生活の劇的な変化を迎える可能性がある女性ならではの、お味噌や発酵食品との関わり方を知ってもらうことで、健康的な生き方の一つの指針にしてもらえたら。
日本の発酵食品の代表格でもある「味噌」が、昔からどのようにして作られてきたか、自分たちの手でつくることで理解を深め、味噌に対して親しみや興味を持ってもらえたら嬉しいです。

武田味噌醸造株式会社

昭和5年に武田兵助商店の味噌醤油醸造部門として発足。
「美味しい味噌は常にお客様とある」という初代の志を受け継ぎ、旧北国街道柳町に会社を構えて80余年、信州味噌の美味しさを求め続けながら、味噌づくりに励む味噌蔵です。
平成11年には全国味噌鑑評会にて農林水産大臣賞を受賞。また、長野県みそ品評会では長野県知事賞受賞など、品質でも評価されています。
工場に隣接して直売所「菱屋」も営業しており、蔵出しのお味噌も味わえる店舗となっています。

企業概要

【企業名】武田味噌醸造株式会社
【所在地】長野県上田市中央4-12-1
【電 話】0268‐22-2280
【H P】公式ホームページ

お問い合わせはこちら

read more